2008年07月10日

歯を抜かない矯正治療と抜く矯正治療

一般的に矯正というと、どうも歯を抜くといったイメージがあるようですが、近年、歯を抜かない矯正という言葉を耳にします。
なぜ、同じ患者様なのに、一方の歯科医院では歯を抜くと言われ、他方の歯科医院では抜かないと言われることが起こるのでしょうか?これには理由があります。矯正医は、患者様の歯を治療する場合、最初から歯を抜こうと考えることはありません。何とか歯を抜かずに治療が出来ないものかと考えます。そこで、デコボコな歯をきれいに並べたり、出ている歯を引っ込めたりするためにどこかに隙間を作ることを考えなくてはなりません。そこで、歯を抜かなくてすむ為に次のいくつかの方法を考えます。
(1)奥歯の移動
人間の歯というものは通常28本あります(親知らずを除いて)。このうち上下左右の一番奥の歯(歯科では7番と呼びます)をもっと奥に移動できないかと考えます。もちろん、奥に移動できる限界もあるためその量には個人差があります。

(2)歯列自体の側方への拡大
歯列自体の側方への拡大を考えます。しかし、過度の拡大は治療の後戻り等の原因となるため、拡大出来る量には限界があります。

(3)削って隙間をつくる
歯というものは表面をエナメル質でコーティングされています。この部分の1/4〜1/3程であれば削っても、その後きれいに研磨することにより、虫歯やしみたり等の事を防ぐことが出来ます。そこで、歯と歯の間の部分を各々の歯に対し、少しずつ削って隙間を作ります。

主には、上記の3つの方法により隙間を作り、それにより並べ替えていきます。それでもなお、デコボコ等がとりきれない時に歯を抜かない場合には、前歯を前方に出します。矯正学上、上下の前歯の骨に対する理想的な植立(植えている)角度というものは、ある程度決まっています。しかし、その角度は一点ではなくてある程度の幅があり、その中で前方へ出すという事になります。ただしこの場合、横顔として若干の口元の突出感や口が閉じづらいといった事が起こるかもしれません。また、骨格的な問題のある出っ歯や受け口の患者様で歯を抜かない場合には、それ以外に外科的な手術が必要となります。

以上をまとめ、各々の方法のメリット、デメリットを掲載します。

■歯を抜く場合
メリット
*上下の歯のバランスもよく、口元のバランスも良くなります。
*骨格的に問題がある場合も、ほとんどの場合で外科手術なしで治すことができます。

デメリット
*歯を抜かなくてはなりません。

■歯を抜かない場合
メリット
*歯を抜かなくても良い。

デメリット
*バランスとして突出感が出ることがあります。

※骨格的に問題のあるときは、外科手術を伴うことが多くあります。

メリット・デメリットをふまえた上で、最後は患者自身がきめるのが通常です。あなたならどちらを選択されますか?明らかに抜かないで出来るケースも多数ありますが、場合によっては抜かなければならないケースもあります。又、抜かない場合に治療前よりも口元が突出する場合もあります。一概に抜くとか抜かないではなく、それぞれのメリット・デメリットを聞いて納得して決めることが重要なのではないでしょうか。

posted by デンタル at 03:48| 歯科矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。